新着情報

2020.08.25
  • ゲーム・クリエイティブカレッジ

「XRゲームプログラミング」の授業

こんにちは。ゲーム・クリエイティブカレッジの牧です
今回は「XRゲームプログラミング」の授業について紹介します。
XRという言葉には「VR」,「AR」,「MR」,「SR」などが含まれ、共通するワードがReality、「さまざまなリアリティ体験」という意味になります。

授業では、ARに必要となる技術の一つ、Webカメラを用いた画像処理プログラミングを行います。
写真は、前のフレームとの変化した部分だけを抽出してリアルタイムで追跡するものです。
最終的にはマークを認識させマークの変化(移動、回転)を3Dオブジェクトに適応させて現実世界へ融合させていきます。

今後はコロナ禍の影響で現実空間だけでなく仮想空間を利用したサービスやイベントが増えていく傾向なので、学生は少しでもXRの技術に興味を持ってくれる事を期待しています

学生
学生

よくある質問 よくある質問

よくある質問をもっと見る

Q.

入学前にコンピューターの知識がなくても授業についていけますか?

A.

入学前は全くコンピュータの勉強をしたことがないという人が大半ですが、もちろん大歓迎! ECCには少人数&レベル別授業や夏・春の集中講座など、基礎から確実にプログラミング力を身につけることができる万全なサポート体制が整っていますので、ご安心ください。

Q.

自宅でも学習できるようにパソコンを購入した方がいいですか?

A.

ECCに入学すると、ノートPCが無料で支給されます。プロレベルのハイスペックPCなので、この1台でプログラミングの勉強をしっかり行うことができます。

よくある質問をもっと見る