新着情報

2020.04.30
  • お知らせ

新型コロナウイルス感染症に対する本学の方針について|第二報

本日、本学園としての海外渡航等に関する方針を以下のとおり、更新いたしましたので通知します。なお、感染症情報は刻々と変化しますので、最新情報を得るように努めてください。
 
1.教職員、学生の今後の感染症危険情報発出地域への海外渡航について
日本からの渡航者や日本人に対して入国制限措置をとっている国・地域(184か国/地域)があります。やむを得ず渡航しなければならない事情がある場合は、渡航前に下記2の対応を行う旨の誓約書を所属校の事務局まで提出してください。
 

2.学生が感染症危険情報レベル1以上の地域から帰国、入国する場合について
 (または、患者あるいは感染症危険情報レベル2以上の人と濃厚な接触をした場合)
 
(1)帰国・入国後、2週間は、発熱や咳等の症状がないか必ず経過観察(体調と体温の記録)をしてください。
(2)2週間は入念に体調の観察を行うとともに、不要不急の外出は控えて自宅にて滞在してください。(登校禁止) 
(3)発熱・咳等の症状が出た場合には、医療機関には直接行かず、管轄の保健所に相談の上その指示に従い、あわせて所属校の事務局に電話連絡をしてください。
 
 
3.感染症危険情報レベル1の地域からの来訪者対応について
事態終息までは中止又は延期要請します。
 

4.授業、期末試験等への対応について
他の感染症(インフルエンザ等)と同様の取り扱いとします。(出席扱いとする。)



5.発熱・風邪症状がみられる場合の対応
教職員、学生に発熱、風邪症状が出た場合は、症状が治まった後1週間出席・出勤停止となります。
症状が改善した場合でも、また症状が再び出ることがありますので、引き続き自宅で経過観察(体調と体温の記録)を行っていただき、不要不急の外出を控えてください。
 
 
6.感染の可能性がある場合の対応について 
次の症状がある方は、すみやかに帰国者・接触者相談センター(大阪府の場合は管轄の保健所)に相談のうえその指示に従い、あわせて所属学校の事務局まで電話連絡してください。
 A 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
  (解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)
B 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 
  ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

  連絡先:帰国者・接触者相談センター(大阪市保健所)
  TEL :06-6647-0641 
 
 
 
 
以 上

学生
学生

よくある質問 よくある質問

よくある質問をもっと見る

Q.

入学前にコンピューターの知識がなくても授業についていけますか?

A.

入学前は全くコンピュータの勉強をしたことがないという人が大半ですが、もちろん大歓迎! ECCには少人数&レベル別授業や夏・春の集中講座など、基礎から確実にプログラミング力を身につけることができる万全なサポート体制が整っていますので、ご安心ください。

Q.

自宅でも学習できるようにパソコンを購入した方がいいですか?

A.

ECCに入学すると、ノートPCが無料で支給されます。プロレベルのハイスペックPCなので、この1台でプログラミングの勉強をしっかり行うことができます。

よくある質問をもっと見る