ITカレッジ

内定者インタビュー

ひと足先に夢を叶えた先輩から、
後に続くキミへのメッセージ。

浜脇さん

LINE
株式会社

職種:システムエンジニア・プログラマ

内定

浜脇さん/
IT開発エキスパートコース[4年制] 4年生
(兵庫県立兵庫工業高等学校出身)

焦りながらの就活スタート、資格やコンテスト経験が強い味方に!

就職活動を意識した時には、すでに周りが動き始めていたので、少し焦りながらのスタートでした。インターンや実務経験のある他学校の学生たちと内定を競い合う中で、在学中に資格を取得していたことや、ネットワーク系のコンテストで良い成績を収めていたことが技術力やアピールポイントになったと感じます。文章を書くのが苦手なので、履歴書やエントリーシートの添削サポートはありがたかったです。IT業界は日々新しいことが生まれています。なので、あえてゴールは定めずにその時にやれることを全力でやっていきたいと思っています!

芝山さん

ヤフー
株式会社

職種:システムエンジニア・プログラマ

内定

芝山さん/
IT開発エキスパートコース[4年制] 4年生
(奈良県立郡山高等学校出身)

会社ごとに多様な価値観や文化があることを知り
気負わずに就職活動に向き合えるように!

学生生活はとにかくプログラミングに打ち込む日々。心配性なので「内定をもらえる気がしない」と就職活動にネガティブになる日もあったのですが、たくさんの企業の方と話す中で、それぞれに多様な価値観や文化があることを知り「自分に合う会社がある」と気持ちが楽になっていきました。学内展示会等で毎回考え抜いて開発してきたので、面接で企業の方に開発手法や技術において、「なぜこうしたか」を自分なりの考えとして話せたことで、内定につながったと思います。これからも努力して技術の力で多くの人を幸せにできるようになりたいです。

富士ソフト

富士ソフト
株式会社

職種:システムエンジニア

内定

小田さん/
IT開発エキスパートコース[4年制] 4年生
(沼津工業高等専門学校出身)

漠然としていた将来、入学後に「IT企業で働く」という目標へ!

「応用情報技術者試験」をはじめ、資格取得を目標に知識の習得に努めました。もともとはITのことも全然知らなかったですし、将来のことも漠然としていたのですが、入学してからは「IT企業で働きたい」という明確な意識に変わりました。学内向け就職説明会などでサポートしてもらったことで、社会人になることの実感も湧き、頑張ることができました。新しい生活に一刻も早く慣れて、しっかりと働きたいと思います。

西本さん

株式会社
メイテックフィルダーズ

職種:システムエンジニア・プログラマ

内定

西本さん/
IT開発研究コース[3年制] 3年生
(岡山県立真庭高等学校出身)

勉強も就活も「あきらめない心」で。学校の就職サポートにも助けられました!

事前知識ゼロで入学したので、最初は授業についていくだけで必死でした。しかし、あきらめない心で努力を積み重ねていくことができました。最初は何となくIT業界に行きたい、ぐらいだったのですが、就職活動を進めていく中で「やってみたいこと」と「実現できること」のバランスを考えて就職先を考えるようになりました。担任先生との対話や面接対策など、学校の就職サポートも力強い味方だったと感じます。将来は農業×ITの分野で活躍できるエンジニアになりたいと思っています。

猪田さん

株式会社
IIJエンジニアリング

職種:システムエンジニア・プログラマ

内定

猪田さん/
IT開発エキスパートコース[4年制] 4年生
(クラーク記念国際高等学校出身)

想像以上に多様な職種があったIT業界、学びの中で自分の目指す職種も明確に!

パソコンを使う仕事がしたいと思い入学しました。いざ学び始めると、パソコンを使う仕事と言っても、想像以上に多様な職種があることを知りました。知識が増えるにつれ自分が目指す職種も明確に。在学中に資格の取得を進めていたので、その点は就職活動でも大きなアピールになったと感じます。模擬面接や自己PRの添削など、ひとりでできない部分は学校のサポートに助けられました。これからはエンジニアとして、どんな障害にも対応できるようになりたいと思っています。

内定

株式会社
メンバーズ

職種:Webデザイナー

内定

山本さん/
Webデザインコース[3年制] 3年生
(大阪市立淀商業高等学校出身)

入学して意識したのは「絶対妥協しないこと」
それが技術の引き出しを増やしてくれた!

入学してからは、自分のキャリアを見据えて「5年後、10年後にどうなっていたいか」を考えて動けるようになりました。あと、意識するようになったのは「絶対に妥協しないこと」。できないことをそのままにせず挑戦することで技術の引き出しを増やしていけたと思います。自己分析の日々でしたが、先生方と話したり、自己PRを添削いただくなかで、ひとりでは見えなかった部分にも気づけました。これからは仲間を支えながら、要望に的確に応えられるデザイナーを目指したいです。