保護者、教育関係者の方へ

保護者の方へ

ゲーム・CGの技術を学ぶのに
早すぎることはありません

これまでの専門教育は、高校卒業後に初めてその技術・知識を学ぶことがほとんどでした。しかし、近年のプログラミング教育の早期化や、パソコン・スマートフォンの急速な普及に伴い、中学生の段階でゲーム・CG技術を身につけたいという要望が生まれ始めました。私たちが卒業後に生徒・学生を送り出すゲーム・CG業界では、ハードの進化に伴い開発規模が大きくなり、最低でも3年間の専門教育が必要と言われていますが、中学卒業後から育成すれば6年間または7年間学習することが可能です。高等部在籍時に基礎を修了していれば、高等部卒業後の専門課程でさらに高度な技術を身につけることができ、大手ゲーム会社や世界的に有名なCG会社に就職することも夢ではありません。

育てたいのは、専門力・人間力・国際力を兼ね備えたクリエイター・エンジニア。
34年前、それまで外国語教育に取り組んできた私たちは、現在の情報化社会の到達を予見し「ECCコンピュータ学院大阪校」を設立。1997年には大阪府認可の専修学校として、学校法人山口学園「ECCコンピュータ専門学校」に発展し、変化のスピードが速いゲーム・IT業界で長く広く活躍するために、専門力・人間力・国際力を併せ持つ人材育成に努めています。
ECC学園高等学校が高卒資格取得をサポート。
ECC学園高等学校は、学校教育法第1条に定められた高等学校です。卒業資格は、大学受験や各国家試験、採用試験などにおいて全日制高校の卒業資格と同等に扱われます。
ECC学園高等学校は、外語学院、ジュニア教室でお馴染の総合教育・生涯学習機関ECCグループの通信制高校です。ECCの名の下に、高校卒業資格取得だけではなく、卒業後の進路で活躍するための教育を実践しています。総合教育・生涯学習機関のECCグループだからこそできる教育連携で、お子様の基礎学力が身につくよう指導いたします。