ECCcomp.outcomes of Education

卒業生の活躍

古守 裕喜

ゲーム・クリエイティブカレッジ

古守 裕喜 さん

ゲームプログラマ

マルチメディア研究学科/2009年卒業

和歌山県立田辺高等学校 卒業

みんなにとっての「おもしろい」を追求。


入社以降、キャラクターの挙動やユーザーインターフェースに携わり、現在はゲームに曲や効果音を組み込むためのサウンド支援ツールを制作しています。大切にしているのはコミュニケーション。サウンドデザイナーが使いやすいよう、要望をすくい上げ、反映します。クリエイターとしておもしろくないものは相手に与えたくない。一方、自分の「おもしろい」が人と一致するとも限りません。そう問い続け、常にベストを追求しています。


先生や仲間と距離が近く、雰囲気バツグン!


ECCコンピュータ時代、チームで取り組んだ進級制作と卒業制作。クラスメイトと共同で作業を進めるなかで、コミュニケーション能力が培われていきました。個人の作品では遊びやアイデアを重視。就職活動でも、企業の担当者から作品の幅の広さやおもしろさが評価され、内定につながりました。プログラマに欠かせない数学は苦手でしたが、先生が親身に根気よく教えてくださったおかげで、今とても役立っています。