ITカレッジ

内定者インタビュー

ひと足先に夢を叶えた先輩から、
後に続くキミへのメッセージ。

内定

近鉄情報システム
株式会社

職種:システムエンジニア

奥村さん
IT開発研究コース [3年制]3年生
明星高校出身

チーム制作で積んだ開発経験が、面接で高い評価につながった

高校から一度は大学に進学したのですが、ITに特化して勉強したいと思い、ECCコンピュータに進路を変更しました。先に入学していた友人から教育体制が充実していることも聞いていましたし、業界就職率も非常に高いので迷うことはなかったです。先生方のお話や、業界研究の授業を受けていくなかで「IT業界」といっても様々な職種があることを知りました。そもそもITのことをやりたい、と思ったのは、システムエンジニアをしている父の影響です。業界のことが分かってくるにつれて、父と同じ道を歩んでみたい、そう考えるようになりました。就職活動は少し遅くて3年次の2月ぐらいから始めました。就職のための企業研究を行っていく中で、社会貢献度の大きさに魅力を感じて、インフラに関わるエンジニアになりたい、と目標がより具体的になりました。そのような流れのなかで、今の内定先の会社に出会い、3年次の4月に内定をいただくことができました。ECCコンピュータではチーム制作の機会が豊富です。企画から設計まで、企業と同じ開発工程をしっかり経験できるので、その経験を面接で高く評価していただけたと感じます。また、学校が資格の取得を広くバックアップしています。私の場合は在学中に基本情報技術者資格を得たのですが、就職活動で「IT業界で働きたい!」という強い意思表示の証になりました。いま「人工知能・AI」という新たな波が来ています。就職後はそういった部分に携わりながら、大きな仕事を任せてもらえる人材になりたいと思っています。

内定

富士ソフト
株式会社

職種:システムエンジニア

丸山さん
システムエンジニアコース [2年制]2年生
大阪暁光高等学校出身

進路指導課の先生の親身なサポートがあったからこそ、内定を勝ち取れた。

小さい頃からパソコンを触るのが好きだったので、将来はITに関わる仕事がしたいと思っていました。教師をしている父からECCコンピュータのことを教えてもらったことから入学しました。学生にノートPC(ノートPCに表記統一)が支給され、いつでも作業ができる環境も自分のスタイルに合っていると感じました。学校では資格取得者に奨励金が出たり、モチベーションを高める仕組みが色々とあります。そのおかげもあって、私の場合は1年生のときにITパスポートとOracle認定javaプログラマ・ブロンズを取得できました。就職活動の時には、やはりこれらの資格が強みになったと思います。また、学校主催のインターンにも参加しました。業界の先輩方の対応や話し方がとても印象的で、この時の経験を見本に面接に臨みました。実際の仕事現場に身を置けたことは、とても勉強になりました。本格的な就職活動は1年次の12月からです。進路指導課の先生が求人票に紹介するだけではなく、私の性格などを理解した上で「こんな会社があるよ」と提案してくださったり、親身にサポートしてくださいました。それぞれの企業の強みや、私の適性なども整理しつつ、一緒に企業研究を進めてくださいました。そんな支えもあって、2年次の7月に内定をいただくことができました。仕事で必要なことはもちろんですが、もっと幅広い知識を身に付けて、革新的な技術を世に送り出すのが夢です。あと、ずっと遠い先のことですが、自分のような若者たちにプログラミングを教えて、その楽しさを伝えていきたい、と思っています。

内定

株式会社
ソフトウェアサービス

職種:システムエンジニア

中谷さん
システムエンジニアコース [2年制]2年生
神戸龍谷高校出身

少人数制×徹底した資格サポートで、短期間でも実力アップ!

私には30年以上システムエンジニアをしている叔父がいます。色々な話しを聞いているうちに、やりがいのある仕事だと感じていましたし、私もやってみたいと思ったんです。ECCコンピュータを選んだのは、少人数制かつレベル別に授業を教えてくれること、資格取得へのサポートがあることが決め手でした。
思っていた通り、少人数クラスでじっくりと学べたことで、1年次12月頃には就活に臨んでいける力も付いてきました。資格の取得についても、長年資格取得対策を行っている先生が的確にポイントを教えてくださったので、無事にITの登竜門と言われる基本情報技術者に合格できました。あと、ECCコンピュータならではだと思うのですが、留学生と話す機会もあり、コミュニケーション力も格段に鍛えられました。
就職活動は企業研究とインターンからスタートしました。インターンでは参加させていただいた会社で仕事現場を見させていただいたのですが、私が働いてみたいと思う会社のイメージと重なって、その会社が第一志望になりました。会社の方にも私のことを見ていただけたこともあり、2年次の3月には内定をいただくことができました。これからはもっと知識や技術を磨いて、何でもできるエンジニアになりたいと思います。