チャンピオンへの道


ECCコンピュータ専門学校

メンタリティーの強化、多彩な知識・技術の習得、そして経験。
あらゆる努力を積み重ねなければチャンピオンにはなれない。
近道などない、険しく、厳しい戦いの道のり。
しかしECCコンピュータ専門学校なら大丈夫。
基礎をしっかり教えてくれて、チャンピオンになるために支えてくれる心強いコーチやセコンド陣がいる。
さぁキミもECCでチャンピオンへの第一歩を踏みだそう。


チャンピオンになるために その一 作品力

写真:五十嵐 修先生、稲山 恭平さん

ここからはコーチと若きボクサーたちの修練の日々をのぞいてみよう。
まずは五十嵐コーチと若きホープ稲山選手の熱き師弟コンビ。
ゲームはなんといっても作品力。そのためには最新の開発技術やコーチのサポートがとても重要。
つまり「一人ではチャンピオンになれない」ことを感じてほしい。

五十嵐 修先生

担当:
ゲームプログラム
経歴:
元ゲーム制作会社のディレクターという経歴の持ち主。連日学校が閉まるまで学生の作品制作に付き合うなど面倒見が良く人望が厚いECCを代表する講師。ゲーム業界への就職者を多く輩出する「いが部」の顧問も務める。

稲山 恭平さん

写真:稲山 恭平さん

ゲーム開発プログラムコース(3年制)

入学:
2007年
出身校:
瀬田工業高等学校

ECCとの出合いがあったから 今の自分がある

ゲームクリエイターに「なれたらいいな!」という気持ちでECCに入学したので、高校ではパソコン経験はあったものの、ゲームプログラムに関してはまったく経験がありませんでした。入学してからは、ゲーム制作の部活動「いが部」の存在を知り、引き寄せられるように入部することにしました。初めはなかなか納得いく作品が作れませんでしたが、優しい友達、頼りになる先輩方、熱心な五十嵐先生のサポートの甲斐あって、今では満足いく3Dゲーム作品が作れるようになりました。

INABIS(作品タイトル)

入学してから、「絶対一日中ゲーム作りに励む!」という勢いで、毎日学校が閉まるまでひたすらプログラムの勉強をしていました。最初はなかなか成果が出ず挫折しそうにもなりましたが、ある時急に「ここ○○したら△△できるのでは?」と、自分の中で何かが弾け、いろんなものの可能性を感じることができるようになりました。それはつまり、僕がここに来て得た経験値によってレベルアップする瞬間だったというわけです。

(※1)HDR表現
HDR(High Dynamic Range Rendering)表示に用いるディスプレイ機器の輝度/色域の限界にとらわれず、幅広い領域でレンダリングを行うこと。ゲーム画面上の質感(表現)が大きく向上する技術。
(※2)モデリング
モデル(物体)の形状を3DCGで作成すること。

チャンピオンになるために その二 毎日練習

つづいて、キャラデザインのエキスパート、西谷コーチの特訓の様子を中心に紹介しよう。
毎日の練習の積み重ねで見えてくること、身につくことがどんなものなのかを感じてほしい。

写真:西谷 和馬先生、ジョ・アラさん、神田 也澄誉さん

西谷 和馬先生

担当:
3DCG、デッサン、キャラクターデザイン
経歴:
ゲーム制作会社SNKで多くの作品作りに携わってきたキャラクターデザイナー。若さと熱意で学生人気 No.1。

絵を描くのは好きだけど、いつも同じ顔、アングル、ポーズで…

はじめはそれでOK。人体の構造を理解し、トレーニングを繰り返せば、どんなポーズであっても頭でイメージし描くことができるようになります。卒業までの限られた時間の中で、いかに努力し継続したかで明暗が分かれます。さぁ、華やかな未来へ!一緒にトレーニングしましょう!


ジョ・アラさん

写真:ジョ・アラさん

ゲーム開発CGコース(3年制)

入学:
2008年
出身校:
ウニル高等学校(韓国)

私はECCの作品が他校に比べて一番クオリティーが高かったので迷わず入学しました。しかも先生が授業後でも分からないところは丁寧に教えてくれるので、放課後も課題と作品を楽しく作れます。だから今では入学前には知りもしなかったいろんなCGソフトを使って満足のいく3DCG制作やキャラクターデザインができるようになりました。私は特に3Dが好きなので、ゲーム会社に就職して映画化するような大作ゲームの3Dキャラクターを作るのが夢です。

ビブリオ バルニフィカス(作品タイトル)

(※1)モデリング
モデル(物体)の形状を3DCGで作成すること。
(※2)テクスチャ
3DCGの表面の質感を表現するために貼り付ける画像。

神田 也澄誉さん

写真:神田 也澄誉さん

ゲーム開発CGコース(3年制)

入学:
2008年
出身校:
滋賀県立八幡高等学校

高校ではスポーツ少女で、専門的な知識は皆無でしたが、夢だったCG業界に入りたくて、思い切って入学を決めました。先生は一から根気よく教えてくれるので、脳みそのしわが沢山増えましたよ(笑)。 将来は映像業界に入って、企画、絵コンテ、モデリング、編集までできるマルチ映像クリエイターになりたいので、今は「C3」というキャラクターデザインのサークルで放課後に就職作品を作っています。大変ですが夢のために頑張ります!

作品

写真:キャラクターデザイン技法講座

キャラクターデザイン技法講座(無料選択講座)

西谷先生を中心に、さまざまなキャラクター作りにチャレンジするデザイン系で人気NO.1の放課後講座。


チャンピオンになるために その三 技術とセンス

写真:出倉 侑菜さん、新村 真人さん、来栖 佑佳さん、岩倉 正道さん
  • (左から)
  • 出倉 侑菜さん グラフィックデザイナーコース(2年制)
  • 新村 真人さん グラフィックデザイナーコース(2年制)
  • 来栖 佑佳さん グラフィックデザイナーコース(2年制)
  • 岩倉 正道さん グラフィックデザイナーコース(2年制)

つづいてはグラフィックデザインの若きボクサー達が紹介するセンスや技術について。勝つために、知識やテクニックが重要なことを感じてほしい。

クリエイターに必要なのは「自ら創り出す力」

与えられた素材を処理するだけの“作業人”で終わらないためにも、生活者(ターゲット)に伝わるアイデアでデザインすることが重要です。
ECCでは、そんなデザイナーの命ともいえる“アイデアの引き出し”を増やすべく、講義や演習で知識や技術を高めることはもちろん、プロの現場を意識した実戦形式での作品制作をおこなっていきます。

出倉 侑菜さん

写真:出倉 侑菜さん

グラフィックデザイナーコース(2年制)

入学:
2008年
出身校:
大阪府立花園高等学校

将来印刷会社に就職して、クライアントなどの意向を汲んで行動できる応用力のある雑誌や広告のDTPオペレーターになることが目標です!

Strawberry au Lait(作品タイトル)

キャッチコピー
1字目を大きくすることで視認性を高め、丸みを帯びたフォントでイチゴミルクの可愛らしさや柔らかさを表現しました。
写真
イチゴとミルククラウンを合成した写真を使用し、「ストロベリーラテ」という商品をアピールしました。白地に大きなイチゴの赤が目立つ効果を狙いました。
手書き風ロゴ
塗りに落書きを適用し、線も鉛筆にすることで不規則な手書き感でカジュアルさを演出し、若者向けにしました。

岩倉 正道さん

写真:岩倉 正道さん

グラフィックデザイナーコース(2年制)

入学:
2008年
出身校:
大手前大学

ECCならデザインや写真加工の基本から応用まで学べるので技術力がつきますし、デザイン現場の話を聞ける機会もあるので大変良い経験になります。

「銭湯巡り」(入浴剤)(作品タイトル)

デザイン
和風を表現するために、銭湯の壁絵にあるような浮世絵をパッケージに使用しました。古くさくならないようにPhotoshopで色相・彩度を変え、シルクスクリーンのようにカラフルにしました。
フォント
商品名のフォントは祥南行書体にして、全体のイメージに合わせました。バックの「湯」の文字は、勘亭流にして筆で書いた文字をイメージしました。
パッケージ
パッケージの素材を紙にすることで他商品との差別化を図り、さらに折り紙のように折り込んで入浴剤を包むことで、和の素朴さと温かさを表現しました。
写真:授業風景

クリエイティブワーク

「自ら創り出す力」を身につけるために、業界と同じ流れで作品作りをおこなう授業。学生が一番楽しくて力がつく授業と豪語するほど、クリエイターカレッジ人気NO.1授業!!