文部科学大臣認定 文部科学省職業実践専門課程 学校基本情報

人間力

チームでプロの仕事をまるごと体験!

ビジネスシミュレーション

ビジネスシミュレーション
チームで仮想の会社を設立し、学校のシステム上に構築したバーチャルモールにショッピングサイトを出店・運営するビジネスシミュレーション。商品を仕入れて販売し、社員に給料を払いながら利益を出していきます。メンバー一丸となって会社の運営業務に挑戦する中で、コミュニケーション能力や問題解決力に加え、経理、在庫管理、マーケティングなどの実務知識を身につけます。

参加者全員が、ビジネスシュミレーションで“成長”を実感!

古林さん

全チームで売り上げ1位を獲得!仲間と力を合わせた結果です。

僕たちのチームがこだわったのは、商品選びです。最初は水を売っていたのですが、単価が安く、売り上げが伸びなかったため、緊急ミーティングを実施。購入者である先生や協力企業の方の年齢や性別から好みを分析し、最終的にブランド米を販売することにしました。その結果、グッと売り上げがアップし、その年のチーム売り上げNo.1になれました。企業に商品のWebサイト掲載許可をいただく中で、ビジネスメールの書き方や電話応対のマナーを学べたのも貴重な経験です。

古林さん
IT開発研究コース[3年制]
大阪府立摂津高等学校 卒業

古林さん
登阪さん

チーム内のコミュニケーションに苦戦!考えを理解してもらう大切さを学びました!

チーム内で社長補佐を担当しています。私たちのチームが扱っている商品は「食料品」。メンバーに「飲食店でアルバイトしているから、この分野なら自信がある」と私が提案したんです。社長補佐という立場上、損益計算や在庫チェックなど、メンバーに指示を出すことが多くあります。上手く自分の意図が伝わらず、進行が止まってしまうこともあり、こまめにコミュニケーションをとる大切さを痛感しました。最終日までに目標金額に届くよう、より一層メンバーと連携していきたいです。

登阪さん
IT開発研究コース[3年制]
兵庫県立武庫荘総合高等学校 卒業

登阪さん
体で覚える!チーム制作のノウハウ。

アプリ開発

3年生と4年生の合同チームでアプリを開発する授業。画面デザインやプログラミング、プレゼンなど担当を分けて作業を進めます。チーム内では4年生が3年生を指導するなど、学年を越えた交流も活発。約3ヶ月の開発期間を経て、技術はもちろん、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力、トラブルを仲間と解決する力など、人間力も培われます。数ある完成作品の中から、「ほんやくゼリー」を紹介します。

メンバー一丸となって作品の完成度を追求!

(1)松井さん(IT開発エキスパートコースコース[4年制]/伊丹市立高等学校卒業) (2)森田さん(IT開発エキスパートコースコース[4年制]/大阪府立北淀高等学校卒業) (3)亀山さん(IT開発エキスパートコースコース[4年制]/大阪府立桃谷高等学校卒業) (4)辻さん(IT開発エキスパートコースコース[4年制]/兵庫県立尼崎高等学校卒業) (5)山本さん(IT開発エキスパートコースコース[4年制]/京都廣学館高等学校卒業) (6)田村さん(IT開発エキスパートコースコース[4年制]/星槎国際高等学校卒業

翻訳アプリ「ほんやくゼリー」
先輩・後輩一緒になって部活動!技術力も人間力も確実にアップ!
ネットワーク研究会

ネットワーク研究会

圧倒的なコンテスト実績を誇る研究会。先輩が後輩に指導しながら、ネットワーク技術を高めています。
普段の授業では学べない分野を仲間と研究できるのも魅力。

プログラム研修会

プログラム研修会

一人より、みんなで研究した方が楽しい! そんな想いをもったメンバーが集まる研究部。みんなでアイデアを出し合いながらアプリを開発しています。

システム開発サークル

システム開発サークル

みんなで協力しながら、多彩なWebアプリの開発を行うサークル。システム開発者の必須技術であるSQL Editorの作成にも挑戦しています。

ボランティアを経験し、仲間と連携する姿勢や働く心構えを習得!

ボランティアを経験し、仲間と連携する姿勢や働く心構えを習得!

クラウドをテーマに開催された「オープンソースカンファレンス」。このイベントにネットワーク研究会のメンバーがボランティアで参加し、会場設営や来場受付のお手伝いをしました。接客を経験したり、他校の学生スタッフと協力したりする中で、働く心構えやコミュニケーション能力を身につけました。

課題は注目の技術「WoT」。チーム開発を実践で学ぶ!

モノとインターネットをつなぐ仕組み「IoT」。今話題となっているこの仕組みを使ったアプリやサービスの開発を、Web技術でサポートするのが「WoT」という考え方です。この演習では、チームでWoTの企画を考え、開発、プレゼンまで体験します。たとえば、「映った人の数をプログラムで計測するセンサーカメラをWeb上で展開する」など、開発内容は完全に自由。プロの現場同様、メンバー全員で意見をぶつけ合い、チームワークを学びます。

学べる2分野 学べる2分野

よくある質問 よくある質問

入学前にコンピューターの知識がなくても授業についていけますか?

入学前は全くコンピュータの勉強をしたことがないという人が大半ですが、もちろん大歓迎! ECCには少人数&レベル別授業や夏・春の集中講座など、基礎から確実にプログラミング力を身につけることができる万全なサポート体制が整っていますので、ご安心ください。

自宅でも学習できるようにパソコンを購入した方がいいですか?

ECCに入学すると、ノートPCが無料で支給されます。プロレベルのハイスペックPCなので、この1台でプログラミングの勉強をしっかり行うことができます。

もっと見る

it用語集 it用語集

1“ITリテラシー”
情報機器やネットワークを利用して集めた情報を自分の目的に沿った活用できる能力のこと。
2“ITパスポート試験”
情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が実施する国家試験。
3“ITスキル標準(ITスキル・スタンダード)”
各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供しようとするもの。
4“ITガバナンス”
ITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組みのこと。
5“ISO/IEC 20000”
国際標準化機構 (ISO) が規定している国際規格のひとつで、ITサービスを提供する組織のITサービスマネジメントが適切であるかどうかを評価するための認証基準、およびガイドライン。

もっと見る

文部科学大臣認定 職業実践専門課程設置校文部科学大臣認定 職業実践専門課程設置校 選ばれる学校づくり実践校選ばれる学校づくり実践校 教職員採用について教職員採用について

ECCコンピュータ専門学校

  • 〒530-0015 大阪市北区中崎西2丁目3番35号
  • 0120-000-544
  • 受付時間
    平日10:00~19:00土曜10:00~18:00

イベントカレンダー

×

イベントカレンダー