奨学金・学資ローン制度

2017年度4月入学生用

本学では、一定の条件を満たす出願者に対して、初年度の学費減免を行っております。
組み合わせる事によって、より経済負担を軽減できます。

奨学金制度

意欲のある学生が安心して勉学に励めるよう、ECCコンピュータ専門学校では奨学金制度として、下記のものを用意しています。

日本学生支援機構奨学金 (旧日本育英会奨学金)

第一種奨学金制度

貸与月額

自宅外通学:30,000円、60,000円から

自宅通学:30,000円、53,000円から

希望する月額を選択できます。

(申込み後の変更も可能です)

利率

無利息

返済期間

(満期の場合)貸与終了より6ヶ月後より10年程度(貸与金額によって異なります。)

第二種奨学金制度

貸与月額

3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から希望する月額を選択できます。(申込み後の変更も可能です)

利率

年利上限3%(在学中は無利息)

※利率には固定と見直しの2つの方式があります。

返済期間

(満期の場合)貸与終了より6ヶ月後より15年程度(貸与金額によって異なります。)

■初回振り込み開始日

奨学生に採用された場合の初回振込時期は、下記の通りになります。

[入学前予約採用] → 5月中旬
[在学採用] → 6月中旬

※上記時期は前後することがあります。

第一種奨学金と第二種奨学金の他、「入学時特別増額貸与奨学金」(10万円~50万円)制度もあります。
(詳しくは日本学生支援機構のホームページ等でご確認ください。)

入学前予約採用

高等学校又は専修学校(高等課程)を通じて申し込む「予約採用」があります。

※詳細な日程は必ず在学している(在学していた)学校に確認してください。

在学採用

本学入学後に申し込む「在学採用」があります。

本学入学後の4月に学生対象に説明会を実施し、本学にて申込みを受け付けます。

■申込資格
  • 1.平成27年3月末に高等学校等を卒業予定の生徒
  • 2.平成25年3月末以降に高等学校等を卒業した人(大学等に入学したことのある人は除く。)
  • 3.国の「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入試資格検定)」に合格した人(大学等に入学したことのある人は除く。)又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人
■申込基準
(1) 第一種奨学金

学力基準

高等学校等で申込時までの全履修科目の評定平均値が5段階評価で3.5以上であること。

家計基準

世帯構成と家計収入の内容により基準が異なります。

(詳しくは日本学生支援機構のホームページ等でご確認ください。)

(2) 第二種奨学金

学力基準準(次のいずれかに該当する人)

  • 1.高等学校等における申込時までの全履修科目の学習成績が、当該学校におけるその人の属する学年の平均水準以上であること。
  • 2.特定の分野において、特に優れた資質能力を有すると認められていること。
  • 3.学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められていること。

家計基準

世帯構成と家計収入の内容により基準が異なります。

(詳しくは日本学生支援機構のホームページ等でご確認ください。)

※高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の合格者または合格見込みの場合は、上記(1)(2)の学力基準を満たしていると認められます。

日本学生支援機構奨学金 (日本育英会奨学金) お問い合わせ先

詳しくは下記ホームページでご確認いただけます。

http://www.jasso.go.jp/

学資ローン制度

本学に入学・在学する学生の保護者の方は、下記の学資融資制度を利用することができます。

国の教育ローン (日本政策金融公庫 教育一般貸付)

→「国の教育ローン」とは・・・

公的な融資制度として、毎年多くのみなさまにご利用いただき、全国152の店舗網と教育ローンコールセンターでご相談を承っているほか、銀行、信用金庫、信用組合などの窓口でもお取り扱いしております。

→お使いみち (今後1年間に必要となる費用がご融資の対象となります)・・・

ご融資の対象となる学校に入学・在学するために必要となる次の資金。

  • ・学校納付金(入学金・授業料・施設設備費など)
  • ・アパート・マンションの敷金・家賃など
  • ・教科書代・学習用品代・通学費用・修学旅行費用・学生の国民年金保険料など

※入学するために必要となる資金は、入学される月の翌月末までのお取り扱いとなります。

融資制度の概要

融資金額

学生一人につき350万円以内

返済期間

15年以内(交通遺児家庭や母子家庭の方、または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)

元金据置期間
  • ・在学期間内は元金の据置ができます。
  • ・在学期間内は利息のみ返済することができます。
  • ・元金据置期間は返済期間に含まれます。
保証

(公財)教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人による保証が可能です。

※(公財)教育資金融資保証基金の保証料はご融資金から一括で差し引かれます。

※連帯保証人による保証の場合は、保証料は不要です。

返済方法

毎月元利均等返済(毎月の返済額が一定です)

※ボーナス月増額返済(融資額の1/2以内)、ステップ返済(返済額を途中で増額)もできます。

利率

年1.90%(2016年12月現在)

※母子家庭または世帯収入(所得)200万円(122万円)以内の方は1.50%

※利率は金融情勢によって変動しますので、お借入金利(固定)は、記載されている利率とは異なる場合があります。

■返済例 返済の目安:(年1.90%の利率で計算した返済例)
融資額 返済期間 毎月の返済額
100万円 5年(59回払い) 17,800円
10年(119回払い) 9,300円

※返済額には、(公財)教育資金融資保証基金の保証料は含まれておりません。

■手続きについて

手続きは本学では取扱っておりません。日本政策金融公庫のほか、都道府県の年金福祉協会、最寄りの銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協で行えます。申し込み手続きから融資までには時間がかかりますので、お早めに手続きをお取りください。

お問い合わせ先

教育ローンコールセンター TEL 0570-008656(ナビダイヤル)

※通話不可能な場合(公衆電話、PHS、CATV電話など)は、03(5321)8656

受付 月~金 9:00~21:00 土 9:00~17:00

※日曜日、祝日、年末年始(12月31日~1月3日)は利用不可

PC用webサイト:http://www.jfc.go.jp/

提携教育ローン (株式会社オリエントコーポレーション)

学費を学費負担者に代わってオリコが本学に一括納入し、毎月所定の金額を分納いただく制度です。
詳細は下記の「学費サポートデスク」までお気軽にお問い合わせください。

提携教育ローンの内容

ご利用いただける方

本学に進学または在学するお子様をお持ちの安定した収入のある保護者(法定代理人)の方で、オリエントコーポレーションが認めた方

ご利用いただける学費

本学への学納金(入学金を除く)、海外研修費等

分納手数料

実質年率3.5%(固定) 2016年12月現在

※利率は金融情勢によって変動しますので、お借入金利(固定)は、記載されている利率とは異なる場合かあります

毎月分納日・分納方法

毎月27日(休日の場合は翌営業日)/民間金融機関、郵便局の口座振替

連帯保証人

原則として不要です

必要書類

利用申込書(合格通知書もしくは、入学許可書・学費等の納入案内写しを添付)

■学費サポートプラン

利用金額が100万円の場合(年3.5%の利率で計算した支払例)

通常分納方式
月々の分納額 分納回数 お支払総額

12,000円

(最終月 7,308円)

96回

(96ヶ月)

1,147,308円

20,000円

(最終月2,432円)

55回

(55ヶ月)

1,082,432円

30,000円

(最終月3,529円)

36回

(36ヶ月)

1,053,529円

40,000円

(最終月39,831円)

26回

(26ヶ月)

1,039,831円

ステップアップ分納方式
在学中は月々3,250円。ご卒業後は上記分納納付例等による分納
(在学期間中は元金を据え置くお支払い方法です。)
■学費サポートプラン
ご利用額 最低返済額
10万円~50万円 6千円以上
50万円超~100万円 1万2千円以上
100万円超~150万円 1万8千円以上

※最低返済額につきましては千円単位で自由

本学独自の「提携教育ローン奨学支援制度」

本学指定の提携教育ローン(株式会社オリエントコーポレーション)の融資を受けた方に対し、学生納付金等の相当額に係る利息の一部を奨学金として支援することにより、学生および保護者の方の財政的負担の軽減を図ることを目的としています。

教育ローン奨学支援金 30,000円

支援対象

本学指定の提携教育ローン(株式会社オリエントコーポレーション)を利用して、学費全額(入学金を除く)を借り入れる方。

支給条件

入学時1年目のみ支給します。入学後5月末頃にご指定の金融口座に振り込みます。

※申請書は、本学事務局にご請求ください。

※一括納入手数料割引との併用はできません。

申込先

株式会社オリエントコーポレーション

学費サポートデスク

0120-517-325

0120-517-325

(通話料無料)

※受付時間:9:30~17:30 土・日・祝日も受付可

その他の奨学金制度や教育ローン

本学進学者は、「育英資金」「自治体提携融資制度」「母子福祉資金貸付」等、各地方自治体等で施行している奨学金制度や、銀行やJAなどの金融機関や保険会社等による民間の教育ローン等も利用可能となっています。詳しくは各機関にお問い合わせください。

学べる3分野 学べる3分野

よくある質問 よくある質問

入学前にコンピューターの知識がなくても授業についていけますか?

入学前は全くコンピュータの勉強をしたことがないという人が大半ですが、もちろん大歓迎! ECCには少人数&レベル別授業や夏・春の集中講座など、基礎から確実にプログラミング力を身につけることができる万全なサポート体制が整っていますので、ご安心ください。

自宅でも学習できるようにパソコンを購入した方がいいですか?

ECCに入学すると、ノートPCが無料で支給されます。プロレベルのハイスペックPCなので、この1台でプログラミングの勉強をしっかり行うことができます。

コンピューター・IT分野の仕事に向いているのは、どのような人ですか?

コンピュータが好きな人、数学が好きな人、コツコツ真面目に取り組める人、勘の良い人、体力のある人など。 当てはまるものがあればIT業界に向いています!

もっと見る

it用語集 it用語集

1“ITリテラシー”
情報機器やネットワークを利用して集めた情報を自分の目的に沿った活用できる能力のこと。
2“ITパスポート試験”
情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が実施する国家試験。
3“ITスキル標準(ITスキル・スタンダード)”
各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供しようとするもの。
4“ITガバナンス”
各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供しようとするもの。
5“ISO/IEC 20000”
各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供しようとするもの。

もっと見る

文部科学大臣認定 職業実践専門課程設置校文部科学大臣認定 職業実践専門課程設置校 選ばれる学校づくり実践校選ばれる学校づくり実践校 教職員採用について教職員採用について

ECCコンピュータ専門学校

  • 〒530-0015 大阪市北区中崎西2丁目3番35号
  • 0120-000-544
  • 受付時間
    平日10:00~19:00土曜10:00~18:00

イベントカレンダー

×

イベントカレンダー